キノコ料理

レストランで同定をしていただきました。

食べられると言われたキノコの中で注意するモノ。


ツチスギタケは人によって中毒を起こし、ムラサキシメジは生で食べたら中毒を起こす、とのこと。
a0230928_21215139.jpg


ツチスギタケは昔は食べられるキノコだったのが、今は要注意に変わっているそうだ。
ネットで調べると毎年食べても平気だったという人も多い。
一方で中毒を起こした、というニュースもある。

極端な話、しいたけだって生でたくさん食べれば消化不良で下痢になる。
キノコだけではない。卵や牛乳だって人によってはお腹を壊し、
アレルギーを持っていたら命にもかかわることになる。

そう考えると、何も考えずバクバク食べても大丈夫、というものなど
ほとんどないのではないだろうか。

ましてや野のものであればなおさらのこと。アクが強かったりする。
キノコに関しては充分に茹でこぼしして毒を弱め、佃煮にすることで
ごく少量ずつ頂く。それくらいの配慮はあってしかるべきだろう。

a0230928_2126185.jpg


アカモミタケ
a0230928_21261829.jpg

柄に丸い班があり、傷つけた部分から赤い液が出ている。アカモミタケの特徴。

同じ場所でとれた小さいアカモミタケ、、?
a0230928_21265694.jpg


と、思いきや、裏を見ると。。
a0230928_21272637.jpg

傷付いた部分が青く変色している。これはアカモミタケによく似た、アカハツだろう。

アカハツも食べられるキノコだが、今回は見送ることにした。

アカモミタケとハナイグチはキノコご飯にした。
a0230928_21283573.jpg


今回は雨の少ない悪条件でありながらそれなりの収穫はあった。
気温、日照、湿度などで有りそうな場所もわかるようになってきた。
同定も数種なら確実にわかるようになってきた。

やはり怪しいモノには手を出さない、が鉄則だろう。

ちなみに今夜は
「買ってきた」マイタケを使ってキノコそばを食べました。笑
佃煮はほんのひとかけら、ご飯は時間を置いて明日頂きます。
[PR]

by yykyotako | 2014-09-30 21:31 | 日々のできごと