「ほっ」と。キャンペーン

アメリカ研修レポート6 カテゴリーキラー

だいぶ間が空きましたが、まだまだアメリカの余韻、残ってます。笑

一つのジャンルに絞ってコアな商品も揃えていくカテゴリーキラー。
アウトドア、ハンティングの専門店、BassProShop
a0230928_8482935.jpg


店内には人口の滝や川が流れ、本当に魚が泳いでいます。
また、ほんものの剥製もずらっと並んでいます。
a0230928_8503985.jpg


コヨーテの剥製
a0230928_8525525.jpg


趣味の域を超えていますね。

猟銃売場
a0230928_8503776.jpg

アーチェリー売場
a0230928_8505253.jpg


もはやゲームの武器屋さんですよね。。汗

そんな中、おっ!と思ったのがこちらのコーナー
a0230928_852338.jpg

ドッグトレーニングとあります。

そう、猟犬コーナーです
a0230928_8531053.jpg


猟犬に育てるトレーニンググッズがいっぱい!
a0230928_8532361.jpg

非常に興味深い。
a0230928_85349100.jpg


こちらは犬に付けるGPS発信機ですかね。これは猟犬でなくとも利用価値がありそうです。
a0230928_8542421.jpg


カテゴリーを絞ることで圧倒的な展開を行い、そこに行けば(そのカテゴリーのものは)なんでもある!
という便利さもさることながら、「見せる」「楽しむ」といった付加価値にも重点が置かれて
近年伸びつつあるネットビジネスに対抗しているんですねー

高級ガーデンセンターRoger'sGarden
a0230928_858507.jpg

入り口はテーマパークのようですよね。
a0230928_8593346.jpg

このクリスマスツリー、1本400万円!?
実はオーナメントひとつひとつがハンドメイドで1個数千円もするんです。
それがこれだけの数だけ飾ってあるのでそのような値段になるんだとか。
買う人がいるってことに驚き。

ShinodaDesignCenter
a0230928_913648.jpg

a0230928_914532.jpg

造花専門店ということですが、ショップの装飾などプロの方が利用するお店。
エンドにそれぞれイメージを変えて展示展開することでお店のイメージに合わせて
商品をそろえることができるようになっていますね。

PartyCity
なにかとパーティー好きなアメリカ人にはもってこいのパーティーグッズ専門店。
一番の売りはレジのところ一面に売られている風船なんだそうですよ。
a0230928_924995.jpg

薄いビニールに絵柄がデザインされているだけですから、原価は100円もしないくらい。
なのにここにヘリウムを詰めるだけで1個平均1000円で売れるのです。
ぼろ儲け商品ですね。

面白いお店がいっぱいありました。
[PR]

by yykyotako | 2014-11-12 08:56 | 考察